ECh&W

専門分野

  • 専門分野

    企業犯罪及びコンプライアンス

    オルギエルド・ポゴジェルスキ (Olgierd Pogorzelski)

    弁護士、パートナー
    olgierd.pogorzelski@echw.pl
    tel.: +48 22 745 32 35

    専門分野の紹介

    法執行機関において広義の企業犯罪に対する刑事訴訟が起こった場合に、企業に包括的な法律サービスを提供します。

    特に以下の件に関し訴訟が行われている際に代理となり訴訟手続きを行います。

    • 刑法第三十六章に定められるような経営活動に反する犯罪(特に管理不備、賄賂、資本詐欺)
    • 労働に従事している人々の権利に対する犯罪(労働者の権利の悪質な侵害、禁止されている仕事を強制するなど)
    • 会社法の刑事規定(破産宣告手続の過程で虚偽のデータ提供、破産宣告時の財産に属する総資産、会計帳簿その他破産者の資産に関する書類を受託者に提供しないなど)
    • 金融商品取引法に基づく犯罪(企業秘密又は機密情報の開示及び無断使用など)
    • 社債に関して法律が定める刑事規定(債券発行者及び債券に関する情報へのアクセスの保護、発行者の不正行為、債権者会議の不適切な機能、銀行代理人の刑事責任など)
    • 資本市場監督法に基づく犯罪
    • 労働法の規定における企業犯罪
    • 資金決済法に基づく犯罪(監督当局への虚偽の通知)
    • 不正競争防止法および不正市場慣行防止法に基づく犯罪
    • 保険活動法に基づく犯罪
    • マネーロンダリングとテロ資金対策に関する法律に基づく犯罪

    訴訟手続のあらゆる段階で弁護を行い、弁護に伴う手段や方法について助言します。また、示談の可能性を模索し、和解にもたらすような解決策を調整します。

    上記以外にも、当社の経験に基づき、犯罪またはその他の不法行為を防止または最小限に抑えることを目的としたあらゆる種類のソリューションを導きます。

    サービスの内容は以下の通りです。

    • 犯罪を立証する証拠の収集
    • 犯罪の可能性についての通知の作成
    • 被害者尋問及び証人尋問の立会い
    • 被害者側又は被告側の違反行為に関する代理行為
    • 捜索、勾留その他の手続の際のリーガル・サービスの提供
    • 予防措置の適用手続の段階での容疑者の表明、特に勾留の場合
    • 準備手続の段階で被疑者の弁護及び和解の提案
    • 裁判所での弁護の準備と実施
    • 通常及び特別救済策の準備、文書提出および支援

    執行手続における弁護活動、特に特に電子監視システムまたは執行猶予を目的とする弁護


元に戻る